日本政策金融公庫の「新型コロナウイルス感染症特別貸付」の融資申請をサポートします。

特別利子補給制度(実質無利子化)は、2022年(令和4年)9月30日までです。
コロナ融資(コロナ特別貸付)を検討している方はお急ぎください。

新型コロナウイルス感染症特別貸付とは

メリット

  • 信用力や担保に関係なく一律の金利
  • 融資後3年間の金利が基準利率から-0.9%
  • 据置期間は最長5年
    据置期間:利子だけ返済すればいい期間
  • 担保不要
  • 特別利子補給制度を併用すれば、当初3年間は実質無利子に
    ※特別利子補給制度は、2022年(令和4年)9月30日(金)の申込分まで

対象

下記の3つの要件を満たす方

  1. 新型コロナウイルス感染症の影響を受け、一時的に業況悪化を来している
  2. 最近1ヵ月間の売上高または過去6ヵ月(最近1ヵ月を含みます。)の平均売上高が前4年のいずれかの年の同期と比較して5%以上減少している
  3. 中長期的に業況が回復し、発展することが見込まれる

コロナ融資において金融機関がチェックするポイント

  • 業績悪化の原因
  • 必要資金額の妥当性
    運転資金の場合は、一般的には月々の固定費の3~6カ月分
  • 業績回復の可能性
    返せるかどうか

日本政策金融公庫のコロナ融資の提出書類

個人事業主の場合

  1. 借入申込書
  2. 新型コロナウイルス感染症の影響による売上減少の申告書
  3. 最近2期分の確定申告書(一式)のコピー
    青色申告の方は青色申告決算書、白色申告の方は収支内訳書を含みます
  4. 見積書(設備資金をお申込の方)

公庫との取引がない方は以下も必要です。

  1. ご商売の概要(自己申告書)
  2. 運転免許証(両面)またはパスポート (顔写真のページおよび現住所等の記載のあるページ のコピー
  3. 許認可証のコピー (飲食店などの許可・届出等が必要な事業を営んでいる方)

法人の場合

  1. 借入申込書
  2. 新型コロナウイルス感染症の影響による売上減少の申告書
  3. 最近2期分の確定申告書・決算書のコピー
    勘定科目明細書を含みます
  4. 見積書(設備資金をお申込の方)

公庫との取引がない方は以下も必要です。

  1. 法人の履歴事項全部証明書または登記簿謄本(原本)
  2. ご商売の概要(自己申告書)
  3. 代表者の運転免許証(両面)またはパスポート(顔写真のページおよび現住所等の記載のあるページ)のコピー
  4. 許認可証のコピー (飲食店などの許可・届出等が必要な事業を営んでいる方)

融資の際、金融機関が重視すること

「いくら必要なのか?」「それは妥当な額なのか?」

それを説明するための資料が必要です

  • 資金繰り表 (入ってくるお金、出ていくお金、毎月の収支)
  • 必要資金額の説明書(コロナの影響をどれだけ受けていて、どれだけお金が足りていないのか・必要なのか)
  • 返済の根拠を示す資料(融資依頼書兼経営計画書)

(参考)融資を受ける際のポイント

  • ブラックリストに載っていないか

公庫は個人信用情報機関CICを利用しています

  • 税金に未納や滞納がないか
  • 公共料金や家賃の支払いに滞納や遅延がないか
  • カードローンやキャッシングの座案高があるか
  • スマホ代金の支払いに滞納がないか
  • 自己資金に問題はないか

コロナ融資サポート

サポート内容

  • 融資の申し込みから実行までをサポート
  • 申請書類作成サポート
  • その他提出書類作成
    資金繰り表。必要資金額の説明書、返済できる根拠を示す資料 など
  • 面談対策
    面談で聞かれそうな質問を想定 など
  • 融資決定後のサポート
    利子補給制度についてのご案内

サポート料金

  • 着手金:0円
  • 成功報酬:融資決定額の2%(最低額5万円)+税

コロナ融資サポートの流れ

無料相談
オンラインで無料相談を行ないます。
こちらをご覧ください。
書類のご準備・作成
無料相談の内容をふまえて必要書類等をご準備いただき、融資申請に必要な書類の作成・サポートを行ないます。
ご自身にご記載いただく書類もあります。
面談・審査
公庫により面談(対面または電話)が行なわれます。
その後、融資申請書類の内容、面談の内容をもとに審査が行なわれます。
融資決定
融資が決まった後に、金融機関へ返送しなければならない書類があります。
必要に応じてサポートいたします。
融資の実行
審査の結果、融資可と決定されれば融資金が入金されます。
サポート料金のお支払い
融資金の入金が完了後、サポート料金をお支払いいただきます。
融資実行後
融資実行後、スムーズに事業を進められるよう、ご希望に応じて引き続きサポートいたします。