川崎市のグローバル展開支援事業補助金(最大50万円)について

川崎市のグローバル展開支援事業補助金とは、川崎市内産業のグローバルな発展を後押しするための制度です。

以下の経費の一部を補助をします。

  • 国際的な電子商取引(越境EC)やオンライン商談等の取組にかかる経費
  • 現地の状況把握や信頼関係の構築のための渡航調査や海外の展示会出展及び国際認証等の取得にかかる経費

補助対象者

川崎市内に事業所を有して1年以上事業を営む中小事業者等。

若しくは、指定する施設に入居している中小事業者等。

補助対象事業

川崎市内の中小事業者等が海外展開を目的として行う以下の事業

(1) 国際的な電子商取引(越境EC)の取組

(2) 海外事業者とのオンライン商談等の取組

(3) 海外への販路開拓や拠点設立に向けた現地調査

(4) 海外で開催される展示会等への出展

(5) 海外展開に必要となる国際認証等の取得

補助対象経費

(1) 国際的な電子商取引(越境EC)の取組

 出店費用、サイト構築費、コンテンツ制作費、マーケティング・広報費用、運搬費、通訳翻訳費

(2) 海外事業者とのオンライン商談等の取組

  参加費用、コンテンツ制作費、マーケティング・広報費用、運搬費、通訳翻訳費

(3) 海外への販路開拓や拠点設立に向けた現地調査

 調査委託費、通訳翻訳費、航空費、外国語印刷物等の制作費

(4) 海外で開催される展示会等への出展

 出展費用、通訳翻訳費、運搬費、外国語印刷物等の制作費

(5) 海外展開に必要となる国際認証等の取得

 審査費用、認証・登録費用

補助率

補助対象経費の3分の2以内

補助限度額

(1) 国際的な電子商取引(越境EC)の取組

  40万円(重点事業の場合は50万円)

(2) 海外事業者とのオンライン商談等の取組

  20万円(重点事業の場合は30万円)

(3) 海外への販路開拓や拠点設立に向けた現地調査

  10万円

(4) 海外で開催される展示会等への出展

  20万円(重点事業の場合は30万円)

(5) 海外展開に必要となる国際認証等の取得

  40万円

※重点事業は、次のいずれかの認定・認証製品を有する企業の取組を指します。

  • 川崎ものづくりブランド
  • 低CO2川崎ブランド
  • かわさき基準(KIS)
  • かわさき名産品

※ 二つの事業を実施する場合は、各限度額の範囲内かつ合計40万円(※重点事業の場合は合計50万円)を限度額とします。

補助対象期間

交付決定日から令和5年3月15日(水)まで

公募期間

2022年(令和4年)5月10日(火)から2023年(令和5)年1月31日(火)まで

詳細は、川崎市のホームページをご覧ください。
『川崎市グローバル展開支援事業補助金の募集について』